英語教材

子どもにおススメの英語ゲーム“Go Fish”

こんにちは!「おうち英語じかん」をご覧いただきありがとうございます。

 

当ブログはおうちで子どもたちがパパ、ママと一緒に過ごす時間の中で少しでも英語に触れ合える空間を作れるお手伝いができればという思いから始めました。15年以上英語教育に携わっている私がお子様におススメする英語の絵本やDVD,CDやゲームなどを紹介していきます。子どもたちにとって大好きなパパ、ママと一緒に英語に触れられたら楽しさは倍増するでしょう!たくさんの方が楽しくおうちで英語じかんを過ごせますように!

 

みなさん、“Go Fish”というカードゲームをご存じですか?

2名以上から遊べるアルファベットカードゲームです。アルファベットの文字を習得中のお子さんから楽しんでいただけます!それでは、遊び方を説明します。

遊び方

  1. 全てのカードをシャッフルします。
  2. 5枚ずつそれぞれのプレーヤーたちに配ります。
  3. 余ったカードは1束にしてプレーヤーたちの真ん中に裏側にして置きます。
  4. 自分のカードの中に同じアルファベットの大文字、小文字のマッチングがあれば取り出します。(それがポイントになります。)
  5. 時計回りに質問する人を交代して、他のプレーヤーに自分が欲しいアルファベットがあるかどうか、「Do you have a (アルファベットの名前)?」と聞きます。
  6. 聞かれたプレーヤーはもし手持ちのカードでそのアルファベットがあれば、“Yes, I do.”と答えそのカードを渡します。もらったプレーヤーはマッチングしたのでその2枚のカードを取り出します。
  7. もし、そのアルファベットがなければ“No, I don’t.”と答えます。そして“Go Fish”と伝え、言われたプレーヤーは真ん中に置いてある束の中から1番上のカードを1枚引きます。もし、この時に手持ちのカードとマッチングしたらそのカードを取り出します。
  8. 全てのカードがなくなった時に1番マッチングカードのペアが多い人が勝ちです。

最後にどれだけマッチングしたかを尋ねる時は“How many pairs do you have?”と聞きましょう。もし、4ペアだったら“I have four pairs.”と答えます。

また、フォニックスを習得中のお子さんは、尋ねる時にアルファベットの名前の代わりにフォニックスの音を言って聞いてもいいですね。他にも、このカードを使って大文字、小文字のカードをミックスして神経衰弱のように遊んでも楽しいですね。この場合、「A~N」「O~Z」のように半分ずつにするとカードがたくさんになりすぎず、遊びやすいと思います。

 

おススメの英語ゲーム“Go Fish”のまとめ

いかがでしたか?ちなみにこの“Go Fish”のアルファベットの大文字には動物の親が描かれており、小文字にはその動物の子どもが描かれていてとてもかわいいです。おうちで気楽に遊べるカードゲーム“Go Fish”をぜひお子さんと一緒に遊んでみて下さい!楽しく英語を学べますよ!

Enjoy!

 

ABOUT ME
akane-blog
長年インターナショナルスクールで勤務するAkaneがおうちで少しでも英語に触れ合える空間を作れるように「絵本」や「手遊び」、「英語ゲーム」などのアイデアを紹介しています。おうちでのお子さんと楽しく英語で遊んでみませんか?